デウソン神戸からのお知らせ

Fリーグ第28節ヴォスクオーレ仙台戦|試合後インタビュー

2017年01月15日

山本監督

10

Q:試合の総括をお願いします
「はい、試合は望んだ通りの結果というか、必ず勝たないといけない試合でしたので、落とさなかった事に安心感を持っています。若くて自信を持って、しっかり仕掛けてくる選手が多い仙台に対して、ボールの奪い合いでも負けなかった事が嬉しいです。
僕たちは勝った上で、浦安さんも、府中さんも勝ち点で負けているので、残り少ない試合で、自分たちが勝ち点を落とさずにいけば何かが起こると思っています。
選手間でのリズムやイメージのズレなどで、空気も少し悪くなってしまう様な事があり、そういう部分は自分自身の監督としての課題ですが、選手は全員使えましたし、良い形で試合を終えれました。」


原田浩平

harada
Q:試合を振り返って
「今日の試合は本当にベストな試合でした!立ち上がり先制できて、自分たちのペースで試合ができました!このまま勝ち続けて府中にプレッシャーを与えてリーグ最終戦でホームで府中と戦いますし、そこで勝利してプレーオフに進出できる様に戦います。」

Q:自身のゴールについて
「稲田選手が左サイドで仕掛けて、絶対に自分を見てくれていると信じていたので、しっかりボールを届けてくれて良かったです。しかし来たボールが良すぎて少し時間もありましたし、シュートは何をしようか迷いました。体が勝手に動いてシュートが入り良かったです。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ヘリオ・オリンピア・キネシオロジーテープ | 株式会社 Helio Japan