デウソン神戸からのお知らせ

Fリーグ第26節vsバルドラール浦安戦|試合後インタビュー

2016年12月26日

山本監督

10

Q:試合を振り返って
「今日勝たないとプレイオフは行けないと思っていたので、ホームで勝てて重要な試合で勝ち点3を取れた事を喜びたいと思います。原田が先制ゴールを決めた後に失点をしてしまいましたが、バランスをそこで崩さずに珍しく硬い試合ができました。守備も本当に集中していました!
攻撃のチャンスも本当に少ない中で2点取れた事は今後に必ず繋がると思います。
もちろん反省点は沢山ありますので、プレイオフ進出に向けて残りの試合は良いチーム作りをしていきます。」

原田浩平

harada

Q:試合を振り返って
「チーム全体でも守備からしっかり入ろうと話をしていて1点目もディフェンスのカットから攻撃につながり得点が生まれました。全員でしっかり守備の意識を持って挑んだ結果のゴールです。ただセグンドで決定機を何度も作られていましたので、プレイオフへ行くためには、そこの守備をしっかり再構築しないといけませんので、そこは気をしっかり引き締めて集中高くやりきりたい。」

Q:今日は浦安の小宮山選手とのマッチアップもありました
「小宮山選手とはフットサル日本代表の時に一緒にプレイさせてもらいましたし、色々と彼から教えてもらった事もあります。彼のディフェンスは昔から本当に嫌でした。今日試合をしてFリーグ初年度でのマッチアップをした時と比べても全く衰えも感じませんし、今シーズンで現役引退は寂しいですが次のステージへのステップを応援したいと思います。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ヘリオ・オリンピア・キネシオロジーテープ | 株式会社 Helio Japan