デウソン神戸からのお知らせ

Fリーグ第24節vsアグレミーナ浜松戦|試合後インタビュー

2016年12月11日

山本監督

10

Q:試合を振り返って
「この時期になると1試合も負ける事が出来ない中で凄く大切な試合を勝ち点3取れなかった。結果としては悔しい。しかし失点が多い中で、普段あまり見れない質の違う失点をハーフタイムに改善させてあげれなかった。選手たちは5得点を奪ってくれたので、もっと組織的な守備を対応させてあげれなかった。また監督としても試合をコントロール出来なかったです。収穫としては若い選手が試合にスムーズに入れて、勢いを付けてくれた。ネガティブに全てを捉えてはいません。」

Q:森脩選手は途中から入り結果を出しましたが、どう評価されていますか?
「オサムに関してはディフェンスに特徴もあり、浜松さんの試合運びに対してしっかり対策をとろうと入れました。また原田に対してPIVOを使う闘い方として縦にボールを入れる意識、そしてミドルレンジからチャンスがあればシュートをする意識などを伝えていたので、ゴールのシーンは本当にそのまま形になり結果を出してくれて凄く良かった!」

Q:次節に向けての課題と闘い方について
「攻撃も良かったですし、今日も攻撃でリズムを作れるチームだと思うので、個人の守備の部分も含めて組織で守る事もトレーニングする必要は絶対にあります。そこを少しでも改善させて次も闘います!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ヘリオ・オリンピア・キネシオロジーテープ | 株式会社 Helio Japan
  • 日本ツアーサービス