デウソン神戸からのお知らせ

Fリーグ第14節vsペスカドーラ町田戦|試合後インタビュー

2016年10月16日

山本監督



Q:試合を振り返って
「最初の失点のやられ方が、相手の思う通りの攻めでやられてしまい、その修正を出来ないまま失点を重ねる形になってしまった。
ディフェンス面は常に課題ですが、攻撃に関してはポジティブな場面も多く、フリーの状態で決定機を作れていた。
あとは、そこで決め切る得点感覚がポイントになりますね。
技術やメンタルは勿論ですが、調子が悪くても点を決め切ってしまう嗅覚の様なものを、再度デウソン神戸の攻撃陣に呼び覚まして欲しい。」

Q:課題は守備ですね
「全員が同じ共通理解を持って、自己プレイに終始せずにチームの為に動けるか、考えれるかだと思います。難しい場面、うまく行かない場面で人に責任を押し付ける様なチームにはしたくない。」

Q:それでは最後に次節はアウェイの浦安です
「前回は相井忍が劇的に決めて引き分けた相手です。アウェイの試合になるので、まずは失点の部分から意識を持って取り組んで、守備は再構築とまではいかないにしろ、再度作り直す気持ちで取り組みたい。」


岡崎チアゴ



Q:試合を振り返って
「大敗しましたが、ポジティブな要素としては、金原レオや石関聖などの試合になかなか出れていなかった選手たちが長い時間、ペスカドーラ町田という強いチームに対して試合に出て、彼らの持ち味も出せれたという部分はプラスに考えたい。」

Q:5失点の要因は?
「今日の様な試合の時に、試合を左右する場面から、チーム全体でのゲームマネジメントが重要になる。
今、行くのか?守るのか?耐えるのか?どの時間帯で、どのプレーを選択するのかを明確にする必要がある。
そこはメンタルや気持ちだけではなく、闘い方を明確にしないと、4人のセットが常に全て全力フルパワーで突き進むだけではなく、何をいまするべきなのかの共通理解がチームに欠けている。」

Q:今日はホーム戦という事で1400人越えの観客が来て頂けました
「はい!もちろんホームですし、絶対に勝たないと行けませんし、神戸の雰囲気は本当に最高です。
あとは本当にそういった会場の雰囲気の中で、やってやる!という強い気持ちと合わせて何を自分がするべきかを明確に出来る様になりたい。」

Q:岡崎選手の個人的な課題は?
「自分はこれだけ長い時間出場しているからこそ、チームを勝たせれる結果を出さないといけない。そこは自分の責任です。」

Q:次節に向けて一言
「連敗しないことが一番大切で、勝敗に一喜一憂せずに自分自身も気持ちをコントロールして闘いたい。」


稲田瑞穂



Q:今日の試合を振り返って
「先制した試合は勝率が高かったので、リードする時間をもっと長く出来ていれば、もっと試合を優位に作れた。そこで早い時間に自分たちで崩れて同点から逆転・・・我慢出来なかった未熟さです。」

Q:デウソン神戸は54失点とリーグワーストの失点数です
「失点に対しての恐怖心はチームにあるかもしれない。失点してから口では切り替えようと言い合っても、その言葉が言葉だけになっている場面がある。
例えば今日の1試合目のシュライカー大阪とバルドラール浦安の試合を見ていると、シュライカー大阪は失点して先制されても、誰も焦っていない。落ち着いていて、取り返す自信もあるだろうし、チームとして意思統一が出来ている。結局はヴィニシウスやチアゴが決めて逆転してしまう。大阪の強さを感じました。そういう事も含めて、今日は判定なども難しい場面があり、自分たちの意識がプレーに集中していない時間もあった。
相手の選手どうこうに反応するのではなく、もっと自分たちのプレーのみに集中しないといけない。そこのチームとしての意識はもっと高めたい。その為にトレーニングから、場面場面を理解した上でやっていきたい!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • サポーター専用アプリJOOOY-ジョイ-
  • ヘリオ・オリンピア・キネシオロジーテープ | 株式会社 Helio Japan