デウソン神戸からのお知らせ

塚本泰史クラブアンバサダーのチャレンジ決定のお知らせ

2016年09月04日

引用元:http://www.ardija.co.jp/news/detail/11140.html


塚本泰史クラブアンバサダーが9月4日(日)から8日間、NACK5スタジアム大宮から佐賀県小城市までの約1,200kmを、自転車で走破するチャレンジを下記の通り行います。

佐賀県小城市は骨肉腫で亡くなった梅崎太助くんの出身地で、ご両親と交流が続いています。
3回目の訪問となる今回は、太助くんをきっかけに生まれた「三・九カップ」が開催される9月11日(日)に合わせて現地に向かい、子どもたちにメッセージを伝えることと合わせて、自転車で向かうチャレンジを決意しました。

道中では、がんと闘うフットサルの湘南ベルマーレの久光重貴選手や、がんを克服し現在もFリーグで活躍中のデウソン神戸の鈴村拓也選手を訪問します。
また、骨肉腫で闘病中の女性や、自分が闘病中に使っていた松葉杖を贈った男性を激励します。

塚本アンバサダーは、これまで支えてくださった方に対して「ここまでできるようになった」ということを、また同じ病気で闘う方に対して「頑張ればここまでできるようになる」ということを示すために、今回チャレンジに取り組みます。ご声援よろしくお願いします。



■実施概要

□期間
2016年9月4日(日)~9月11日(日)の8日間

□主な日程
・9月4日(日)AM:NACK5スタジアム大宮を出発
→同PM:小田原アリーナ/Fリーグセントラル開催会場(久光重貴選手訪問 ※当初から変更)

・9月6日(火)AM:名古屋市内の病院(骨肉腫と闘う女性訪問)
・9月7日(水)PM:デウソン神戸練習場(鈴村拓也選手訪問)
・9月8日(木)PM:広島県尾道駅周辺(骨肉腫と闘う男性訪問)
・9月11日(日)AM:佐賀県小城市到着(三・九カップ訪問)

■塚本アンバサダーのコメント
「まだ暑い時期ということもあり、肉体的にも精神的にも今までで一番きついチャレンジになると思います。アルビレックス新潟の早川史哉選手が言ってくれました。『塚本さんの復帰に向かう前向きな姿勢や取り組みに、僕も前向きに頑張らなきゃと思い、病気を公表して闘うことを決めました』。これまでのチャレンジも誰かの力になれたらと思い、同じ病気になった人が頑張ればできると思ってもらえるように取り組んできたので、早川選手の言葉は本当にうれしかったです。今回のチャレンジも絶対に成功させ、たくさんの想いを胸に、たくさんの想いを届けられたらと思います」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ヘリオ・オリンピア・キネシオロジーテープ | 株式会社 Helio Japan
  • 日本ツアーサービス