デウソン神戸からのお知らせ

監督のコメント(試合後のMIXゾーンにて)

2015年07月21日

千綿監督 《神戸vs府中》

--試合を振り返って

「守備が上手くできずチームがまとまっていなかったと思います。
攻撃面も頑張っていたけれど、チームとしてひとつになっていなかったと思います。
それでもチャンスはありましたが、決定機で決めきれない。
攻守においてまだ安定しないところがあるので、安定したパフォーマンスができるまでには、まだ少し時間がかかると思っています。
ただ、その中でもみんなとても頑張っています。
リーグ戦では、結果につながるよう前を向いて練習に取り組んでいこうと思います。

忍(相井)がケガをするまでは、忍とロドリゴを攻撃の中心に戦ってきましたが、新加入した松宮もチームに慣れていくと思います。
浩平(原田)も復帰してチームへ返ってきたばかり。
この試合では、チャンスはあったのに何となく決めれない。
決めきれないとどんどん苦しい展開になってくる。
今は決定機でゴールを奪う力がないと思います。
松宮や浩平にはフィジカルコンディションを上げて、苦しいときに得点を挙げてくれることに期待したいです。」


--神戸フェスタを終えて
「今チームは苦しいとき。
みんなチームが良くなっていくと期待をしています。
結果を出せるように、自分たちの人生をかけて戦っている。
ここで頑張って次につながるようにリーグ戦では絶対に結果を出します。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ヘリオ・オリンピア・キネシオロジーテープ | 株式会社 Helio Japan
  • 日本ツアーサービス