デウソン神戸からのお知らせ

第20回全日本選手権 兵庫会場【3日目 バルドラール浦安セグンド戦】コメント

2015年03月10日

【3日目 バルドラール浦安セグンド戦】

小川亮監督



Q「バルドラール浦安セグンドとの試合を振り返ってください!」
「前日に(決勝トーナメント進出が)決まっていたので、そういう意味では少し難しい試合になると予想はしていました。
ただ、選手たちには3連勝して代々木に行こうと強く言っていましたし、士気が落ちることもダラダラしたところもなく、しっかりとゲームに入ってくれました。
ほぼ試合は内容でも圧倒する時間を作れていましたが、3連勝とはいかなかったのが悔しいです。
でも、良いかたちは作れていました!
あとはもう少しフィニッシュに対しての精度もそうですが、思い切りやりすぎず、シンプルにシュートを打っても良かったのかなと、今思えばあります。
代々木(決勝トーナメント)へ行けば相手も強くなり、チャンスが少なくなってくるので、それまでに改善してしっかりとクリアにしたいと思います。
攻撃のかたちは押し込む時間も長く、あともう少しというところが多かったので、もう少しの所という精度を高め、求めて代々木へ行きたいと思います。」

Q:「対戦相手はシュライカー大阪です!」
「相手はいろいろと戦術がありますし、大阪は3日間通してのマネジメントがあると思います。
僕らは相手がどこであろうと本当に一つひとつだと思っています。
相手の良い部分や特徴は消していかなかればいけないですし、警戒も強くしないといけない部分もたくさんあると思います。
ですが、特に相手を意識するわけではなく、目の前の試合に対してどれだけ選手たちが向き合って、そこへ気持ちを入れられるか。
14人とメンバー外の選手たちも含めて、チームで同じベクトルを持ってるかが大事です。
そこに対してしっかりとアプローチをして、全員で試合に挑めるようにしたいと思います。」


西谷良介選手



Q:「予選リーグの3連戦を振り返ってください」
「ひとつはホッとしているのが正直なところです。
予選のチームを見たとき、厳しいグループに入ったと思いました。
北海道戦に勝てたことで、残りの2試合を良いマインドで挑むことができました。」

Q:「今日は惜しくも引き分けてしまいました」
「相手は年齢も若く、勢いもあるチームだと感じました。
前の2試合を見ていても、良いチームだと思います。
個の能力に自信を持って恐れずにチャレンジしてくるところは、こちらとしては嫌でした。
引き分けにはなりましたが、相手の良さを消しながらプレーできてたことは良かったです。
勝利できなかったことで悔しく思いますが、代々木へ向けて良い戦い方はできたと思います。」

Q:「決勝トーナメントの初戦であるシュライカー大阪戦へ向けてお願いします」
「相手はしっかり休養も取っていますし、良いコンディションでくると思います。
(プレーオフを終えて)自信もつけていると思うので、自分たちはチャレンジャーとして、ひとつずつ大切に試合に挑んで良い結果を出したいと思います。」

Q:「このチームで優勝したいですね」
「間違いなくリーグ戦は不甲斐なく、ファンやサポーターの方々と喜びを分かち合えなかったことを情けなく思っています。
この3連戦ではベンチワークも良かったので、そういうところを継続していきます。
まずは自分たちがひとつになって決勝トーナメントの代々木へ挑みたいと思います。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ヘリオ・オリンピア・キネシオロジーテープ | 株式会社 Helio Japan