デウソン神戸からのお知らせ

Fリーグ第24節 vs ペスカドーラ町田 試合後コメント

2014年12月09日

小川監督



Q:「試合を振り返って」
「選手たちが勝ち点3にこだわって試合に入ってくれました。先に点を取れた後、失点をしたが引きずることなく、チーム一丸となり勝利に向かってくれた。それが勝ち点3につながったと思います。今日はチームがひとつになれたことが勝因。

年内最後のホームゲームということで「勝ち」が欲しかった。ぼくたちはどの試合も決勝戦と思って戦っています。

次につなげるためにも勝利が必要となってくる。次節も強いメンタルを持って、チーム一丸となり進んでいきたいと思います。」


西谷良介選手

14_nishitani_1thum

Q:「試合を振り返って」
「年内最後のホームゲームで勝ち点3を取ることができ3連勝、と勝ち点を積み重ねることができたのはすごく嬉しい。

心の中ではほっとしています。試合では、監督からの指示に加えて、選手間でも守備面で細かく話し合えた。相手のパワープレーにも焦ることなく守備の対応できました。パワープレーでしっかりと守れたから、チアゴ(岡崎選手)のゴールが生まれたと思います。相手に対応できる力があるので、次は自分たちで作った流れに乗っていければ勝ち点を積み重ねていくことができると思う。その課題にしっかりと向き合って、横浜セントラル2連勝につなげていきたいと思います。」

Q:「得点の場面を振り返って」
「町田は横パスが多くぼくたちが並ばされてしまいパラ、裏のボールを狙ってくる中、横パスが不用意に出るときもある。そこを狙っていた。最後の場面は滝田選手が滑ってくるまで見えていました。あの3点目を奪えたのは、チームとしてもラクになった得点だと思います。」


須藤慎一選手



Q:「1点目は狙い通りのコースでしたか?」
「コースは見えていました。マサさん(山元選手)が粘ってくれたので(ボールを受けたときは)余裕がありました。」

Q:「ハーフタイムでの指示は?」
「前からディフェンスも行けていたので、危険な場面はそこまで作られていなかった。切り替えだけ、それを続けていけばまた良いプレッシャーもかかてくる。前で良いかたちでこころが折れないように粘っていけば、チャンスが絶対にくる。」

Q:「シュートは後半も積極的に打っていこうと?」
「いつもとゴレイロが違ったので。(イゴールは)リーグ屈指のゴレイロで相手も頼っていたところがあったと思う。遠めからでも枠を捉えるようにシュートを打っていきました。いつもあれだけ上手いゴレイロとやっていて変わってしまったら、それなりに難しい部分もあると思います。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ヘリオ・オリンピア・キネシオロジーテープ | 株式会社 Helio Japan
  • 日本ツアーサービス