デウソン神戸からのお知らせ

Fリーグ第22節 vs アグレミーナ浜松 試合後コメント

2014年11月23日

小川監督



Q:「試合を振り返って」
「勝ち点3を取れて良かった。選手たちが集中して40分間を走り切ってくれたおかげだと思います。
試合は4-3と拮抗した状態でしたが、相手の良い時間帯でしっかりと我慢できた。
1試合を通して支配できるのが良いですが、なかなかそうはいかない。
今日は、選手たちが試合の状況を読んでプレーしてくれたのが非常に良かったです。
決めるところはたくさんあったと思いますし、最後のパワープレーでは対応の遅れをとってしまった。
修正をして次節につなげたいと思います。選手たちがこの1試合に賭けて戦ってくれた。結果につながって良かったです。」


西谷良介選手

14_nishitani_1thum

Q:「試合を振り返って」
「勝ち点3から遠ざかっていたので、ホームで勝ち点3を取れたことは大きな収穫。
試合では我慢するべきところは我慢をして、耐えれた結果が4得点を取れたこと、そして勝利に結びついたと思います。
監督からもありましたが、失点の仕方など、試合全体を通して質を高め、安定感のある試合ができるように磨いていかないと。
自分たちは(まだプレーオフ進出に向け諦めていない)という姿勢をサポーターやファンの方々へ示していければ、結果もついてくると思うので頑張っていきたい。」


須藤慎一選手



Q:「PKの場面を振り返って」
「蹴る前にこれを外したら持っていない男だと思った。
GKが動かなければ強く蹴ろうと思っていました。
今日は我が子のためにも絶対にゴールを決めようと思って試合に臨んだ。
チームメイトが手助けをしてくれて、良い舞台をくれました。チームメイトに感謝しています。」

Q:「ゆりかごのパフォーマンスは」
「今週の月曜日に女の子が生まれました。
試合前、西谷選手が今日の試合でゴールを決めたら、ゆりかごのパフォーマンスをしようと言ってくれていました。」

Q:「次節に向けて」
「1試合1試合応援してくれるひとたちに何かが伝わるように、そしてリーグが盛り上がるように頑張りたいと思います。」


相井忍選手

18_aii_thum

Q:「ゴールの場面は」
「1点目は渡井選手のパスが良くて合わせるだけだった。
渡井選手がドリブルで縦へ抜けたときにゴール前へ走りました。
こぼれ球を狙いにいったら、自分のところへボールがきたので合わせるだけでした。
2点目は相手の戻りが遅かったので、ずっと狙っていた。
GKから良いボールがきたので、ヘディングでゴールに流し込めば入ると思いました。」

Q:「9試合ぶりの勝利となりましたが」
「ホーム戦ということもあり、絶対に勝つという気持ちで臨みました。
ここまで、サポーターやファンの方々に支えられてきました。
今日、勝つまでがすごく長かった。今日は気持ちで勝てた試合だったと思います。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ヘリオ・オリンピア・キネシオロジーテープ | 株式会社 Helio Japan