デウソン神戸からのお知らせ

Fリーグ第16節 vs 府中アスレティックFC 試合後コメント

2014年10月20日

小川監督のコメント



Q:「今日の試合の総括をお願いします。」
「負けてしまったことは非常に悔しいです。「いつか勝てるだろう」では、勝てないと思います。
しっかり切り替えて次の試合に望みたいと思います。
ただ、前半に関しては入りのところで、チーム全体が眠ってしまっていたような状態になってしまっていたので、そこに対してチームを引き上げることが出来なかったことに対して責任を感じています。
勝っているチームではないので、「いつか勝てるだろう」「いつか点がとれるだろう」ではいけないと思います。
やはり、40分を通して戦えるチーム、追い込まれてから戦うのではなく、最初から戦えるチームにしていかなければならないと強く感じました。
ただ、後半に関しては、選手たちも前に!前に!と点を取りに積極的に出ていってくれたことは、非常によかったと思います。
1試合を通して戦い続ける、走り続けるチームになっていかなければ、上にいくことは難しいことだなと思いました。
その点は練習からみんなで意識してやっていかなければならないと思います。
負けてはしまいましたが、それでも次の試合はやってくるので、しっかり切り替えて次には勝てるように選手たちとトレーニングしていきたいと思います


冨金原キャプテンのコメント



Q:「今日の試合の総括をお願いします。」
「勝てていない中で、トレーニングの段階から色々な意識を持ってよい雰囲気の中で、出来る限りの準備をして試合に臨んでいます。
が、なかなか結果が出ず、結果が出ないとどうしても自信もなくなってきます。
自信がなくなってくると、練習では当たり前に出来ていることが試合では出来なかったり、練習では出ないミスが試合では出てしまったりということが続いてしまっている状態です。
ただ、選手たちは下を向かずに、また練習から頑張っていこう!とやり続けていますので、次の試合で結果がでることを信じて、しっかり準備をして臨みたいと思います。」


渡井選手のコメント



Q:「2得点おめでとうございます。今日の試合を振り返って一言お願いします。」
「ありがとうございます。前半の最初の失点がかなり大きかったですね・・・それが最後まで尾を引いてしまいました。
追いかける展開だったので、しんどい試合でした。
勝てば順位が入れ替わる試合だったので、絶対に勝たなくてはいけなかったのですが、相手も絶対に負けられない試合。
なかなか上手くいかなかったですね・・・最初の失点が大きかったのと、ひっくり返すまでの力がなかったと感じます。
前半、後半ともに先に相手に得点を決められていることがとても大きかったと思います。」

Q:「次はホームで現在首位の大分との試合となります。意気込みをお願いします。」
「面白い試合になると思います。
最近、1点差など均衡した試合が多いので、どんなチームと対戦しても変わらないと思います。
勝って、順位をひとつでも上げることが出来るように頑張ります。
応援、よろしくお願いします!!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ヘリオ・オリンピア・キネシオロジーテープ | 株式会社 Helio Japan