デウソン神戸からのお知らせ

Fリーグ第14節 vs ペスカドーラ町田 試合後コメント

2014年09月22日

小川監督のコメント



Q:「今日の試合の総括をお願いします。」
「まずは2試合目にはなってしましましたが、地元開催の神戸のセントラルで勝ち点3を得ることが出来て本当によかったと思います。
試合の入り方も非常によく、アップの段階から選手たちが気持ちを上げていたので、先制点につなげることが出来たと思います。
その後、逆転をされてしまいましたが、選手たちが最後の最後のまで気持ちを落とすことなく、逆転を信じて声を掛け合って試合を続けてくれたので、チーム全員の気持ちが乗った2点目、3点目に繋がったと思います。
まだ、ここで1回勝っただけですが、苦しい試合をしっかり勝てたということが、チームとしても自信にも繋がると思います。
これを続けていくことが、このチームを強くするためのよい薬だとも思います。
それが可能なチームだと思うので、こういったことを積み重ねていきたいと思います。
正直、順位どうこうといっていられる立場でも今はないと思うので、ひとつひとつの試合に全身全霊を込めて戦いたいと思います。
本当に苦しい試合でしたが、選手たちが40分間、声を出して走り続けてくれた結果だと思うので、選手たちには感謝してもしきれないぐらい感謝しています。応援ありがとうございました。」

Q:「今日の試合に入る前にどんな言葉を選手たちにかけましたか。」
「前節で負けて、選手たちも精神的に苦しい状態だったと思うので、どちらかと言うと戦術面というよりも、自分たちの良さをどんどん出していこう!と声をかけていました。
前節の北海道戦ではシュートへの積極性が足りなかったと思います。
ボールを綺麗にまわしていた印象はありましたが、ボールをまわしているだけではゴールを奪うことは出来ないですし、ゴールを奪うためにボールをまわすという大前提のゴールを奪うということに対して、僕自身のアプローチが少し弱かったので、そこに対してもっと積極的に自分たちの力を信じて、しっかりチャレンジしていくように話をしました。
結果的に、ディフェンス面でも前に前にというところで、最後まで足がとまらずに、逆転につなげることができました。
綺麗というよりは泥臭く、体を張った神戸らしいプレーが出来てよかったと思います。」

Q:「ハーフタイムではどんな言葉を選手たちにかけましかたか。」
「特に修正点というよりは、相手がワンツーを狙っていたので、そこに対する守備の意識の話と、今後苦しい展開になった時に気持ちを落とさないようにと話をしました。
その点に関しては、選手たちの方からも自然と話は出ていましたから、後半も気持ちを落とすことなくプレーしてくれたのでよかったと思います。」


西谷キャプテンのコメント

14_nishitani_1thum

Q:「今日の試合を振り返って一言お願いします。」
「町田戦はいつも体のぶつかり合いが激しい試合が多い中で、最近は勝ちきれないことも多く、なんとか踏ん張って、最後の最後まで体を張り、勝つために出来ることを積み重ねた結果が、今日の勝ち点につながったとは思います。
ここで勝てなければ、本当に上位ももう狙えなくなってしまっていたとも思います。
ぎりぎり首の皮1枚つながっていると思うので、次のアウェーに向けて修正すべき点は修正して、克服すべき点は克服して、臨みたいと思います。
今日は、前節の北海道戦に出場できなかった選手が結果を残したり、出場時間に恵まれない選手がピッチ上で短い時間ながら戦ってくれたりと、チーム力として成長し続け、結果として勝ち点3を残し、サポーターやファンと喜びを分かち合えるように、次の府中戦でも頑張りたいと思います。
これからも、応援をよろしくお願いします!!」

Q:「北海道戦からの気持ちの切り替えなど、昨日の練習、今日の試合前など何か意識したことはありますか。」
「昨日の練習では特別なことはなく、ただ気持ちを切り替えようと話はしていました。
試合前に関しては、これ以上負けられないということ、神戸セントラル最終日ということ、またサポーターたちがシュート数のカウントダウンを掲げてくれたことが、叱咤激励になったというか、選手たちも意識してピッチ上であらわすことが出来たことがよかったと思います。
その結果として、北海道戦に比べて前を向いてシュートで攻撃を終わろうと出来たので、攻撃をしながら相手にもプレッシャーを与えることができたのではないかと思います。
欲を言えば、試合の流れの中でもう少し得点を取りたかったとは思いますが、結果につなげることが出来てよかったと思います。」


須藤選手のコメント(記者会見後、ミックスゾーンにて)



Q:「見事な逆転ゴールでした!!おめでとうございます!!!」
「ありがとうございます!
神戸選手がファールをもらってくれたので。
相手がイゴール選手だったので少し緊張しましたが、得点を決めることが出来てよかったです!!」

Q:「今日の試合を振り返って一言お願いします。」
「今までも町田戦は激しい試合になることが多く、今日もそういった試合展開になったので、気持ちでは絶対に負けないと思ってプレーしていました。
勝ててよかったです。
やはり神戸セントラルで2連敗は何としても避けたいと思っていましたし、そういった気持ちが伝わるような気迫のある試合をしなくてはならないのではないかと選手たちでも試合前に声を掛け合っていたので、そういった気合いの感じられる試合をすることが出来たのでよかったです。」

Q:「次の府中戦に向けて意気込みをお願いします。」
「正直、崖っぷちの状態は変わりないので、上を向いてひとつひとつ勝ちを重ねていくしかないと思います。
連勝を目指して頑張りますので、応援よろしくお願いします!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ヘリオ・オリンピア・キネシオロジーテープ | 株式会社 Helio Japan
  • 日本ツアーサービス