デウソン神戸からのお知らせ

Fリーグ第6節 vs アグレミーナ浜松 試合後コメント

2014年07月28日

小川監督のコメント



Q:今日の試合を振り返って一言お願いします。」
「勝ち点を取りにいった試合だったので、そういった意味では残念な結果となってしまいました。
ただ、集中していないとかそういうことではないとは思います。
ちょっとした所で点を取られてしまう状況があり、そこからはエンジンはかかるのですが、それ以前のところに問題があると感じたので、映像などで確認して冷静に分析したいと思います。
最後に追いつけたことは良い部分でもあるとは思いますが、非常に残念な勝ち点1であったとは思います。
最後に2点差を追いついたことを”よい経験だった”の言葉だけで終わらせずに、メンタル面というかチーム力でも、ここからしっかりと選手たちとともに強くなっていかなくてはならないなと思います。
すぐに次の試合が日曜日にあるので、そこでは勝ち点3を取り、次にどんどんと繋げていけるように、これからも頑張っていきたいと思います。」


冨金原選手のコメント



Q:今日の試合を振り返って一言お願いします。」
「勝ちたかった試合でこのような結果になってしまったので、課題ばかりではありますが、前半に2点差から追いつき、後半にまた2点離されたところから追いつくことが出来たことに関しては、非常にチームとして底力を感じました。
今週の練習ではそういった部分を課題にして取り組んできていたので、その部分に関しては前向きに捉えています。
ただ、今後の順位を考えた時に、今日の引き分けは痛い引き分けになることは間違いないので、次の試合に向けてどう気持ちを切り替えてよい準備が出来るか、次をどう勝つかということのみになると思います。
もう終わってしまったことは何を言っても仕方がないと思いますし、次の試合に向かってチーム一丸となって準備していきたいと思います。」


渡井選手のコメント



Q:今日の試合を振り返って一言お願いします。」
「先制点を取られてしまい試合展開的には厳しい展開でしたが、何とか最後まで諦めずに戦って勝ち点1を拾うことができたかなというところが正直な気持ちです。」

Q:「前半、後半ともに2点差を追いかける展開で苦しい試合内容だったと思いますが、前半の原田選手の同点ゴールは大きかったのではないでしょうか。」
「正直、本当に苦しい試合でした。追いかけるのとてもしんどかったです。
そういった中で、前半で同点に追いつけたことはとても大きかったです。ハーフタイムに後半の立ち上がりが大事だと声を掛け合ってはいたのですが、後半の立ち上がりもあまりよくなく失点を重ねてしまい、結果的に後半でも追いかける展開を自分たちで作ってしまいました。
が、本当に前半に同点に追いつくことが出来たのはとても大きかったですね。」

Q:「次は今年Fリーグに昇格し、2009年、2013年に全日本選手権の決勝に勝ち残ったフウガドールすみだとのホームでの対戦ですが、意気込みをお願いします。」
「今日は地元での試合でしたが、来週は古巣との対決になります(笑)
やりにくい部分もありますが、燃える部分もあります。
次はホームでの戦いにはなるので、どうしても勝ち点3が欲しい試合です。
2試合連続、勝つことが出来ていないので、次の試合では勝利し、勝ち点3を獲得したいと思います!!
ぜひ、応援に来てください。応援、よろしくお願いします!!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ヘリオ・オリンピア・キネシオロジーテープ | 株式会社 Helio Japan
  • 日本ツアーサービス