デウソン神戸からのお知らせ

Fリーグ第3節 vs 湘南ベルマーレ 試合後コメント

2014年07月06日

小川監督のコメント



Q:「今日の試合の総括をお願いします。」
「まずは、ホーム開幕戦でしっかり勝ち点3を取れたことがすごくよかったと思います。
湘南も40分間ほとんど運動量が落ちず最後まで走り続けていたので、そういう意味では大変な相手にしっかりと勝ち点を3点取れたということは、非常によかったと思います。
選手たちが40分間、集中して走り続けてくれた成果ではないかと思います。
Fリーグでは、1試合も気を抜ける試合はないので、今日のような苦しい試合をみんなで乗り越えて、また勝ち点3をしっかりと積み上げていきたいと思います。
本当に今日は選手たちがよく走ってくれたと思うので、選手たちには感謝しています。
これからも、今日のような試合を続けていきたいと思います。」


冨金原徹選手のコメント



Q:「今日の試合の総括をお願いします。」
「監督からの話にもありましたように、最後まで運動量が落ちない湘南は思っていた以上に良いチームで自分たちのしたいゲーム展開がなかなか出来なかったのですが、こういった試合でもディフェンスで体を張ったり、攻撃で走ったりという神戸らしさがどういう形であれ出来たので、ホームの試合で勝ち点3を取れたということはとても大きなことだと思います。
こういう試合で勝つことが上位争いをする上では絶対条件になってくるとも思います。
もちろん試合内容については今後はより良くしていきたいとは思いますが、こういった戦いをリーグを通じて1試合も落とすことなく続けていくことが大切になってくると思います。これからもしっかり準備をして、次の試合に備えたいと思います。」

Q:「試合を通してのシュート数が湘南25、神戸19と湘南が上回り、冨金原選手のナイスセーブが観客を魅了した試合でしたが、いかがでしたか。」
「神戸の特徴としてディフェンスがゴール前で体を張って、最後の部分でシュートさせないという形がありますが、その形が上手く機能しているとゴールキーパーとしての役割も限定されてくるのでとても守りやすくなります。
今日のゲームでは、その形がすごく上手くいっていました。
嫌な部分はディフェンスが消してくれるので、それ以外の部分をしっかり守るという役割分担が出来ていたので、結果に結びつけることができたと思います。」

Q:「均衡した試合展開の中で、勝敗をわけたのは何だと思いますか。」
「とにかく今日の試合に関しては我慢の連続でした。
湘南のペースで試合が進む時間の方が長かったので、しっかり我慢して我慢して、カウンターで3点目が取れたことが神戸にとってはとても大きかったと思います。」

Q:「今年のチームスローガンは“頂点へ止まぬ攻撃”ですが、今シーズンのご自身の目標、抱負などを教えてください。」
「今シーズンはとにかく戦力がそろっていると思うので、このメンバーで優勝しなければいつ優勝するんだ?という気持ちでいます。
とにかく1試合1試合勝ち点3にこだわっていくことだけです。
そういった試合を続けて、優勝を目指して頑張りたいと思います。」

Q:「次の浦安戦に向けて一言お願いします。」
「浦安はセントラルでも2連勝していますし、選手も揃い、良いフットサルをしてくるので、確実に上位に残ってくるチームだと思います。
そういうチームと戦ってどういう結果が出せるかということが、今後のリーグでの順位に大きく関わってくると思います。
今日の試合もホーム開幕ということでかなり気合は入っていたのですが、次の試合はそれ以上の強い気持ちを持ってしっかり準備をして臨みたいと思います。
次の試合も、応援をどうぞよろしくお願いします。」


渡井博之選手のコメント



Q:「ホーム開幕戦、勝利おめでとうございます!今日の試合を振り返って一言お願いします。」
「ありがとうございます!相手の運動量も多く、マンツーマンでついている時間も長くきつかったので、なかなか自分たちの思うような試合展開が出来ない中で、早いタイミングで先制点が取れ、その後に追加点も取れたので、勝つ雰囲気の試合にすることができました。
勝つことができて本当によかったと思います。」

Q:「見事な先制点でした!最初から狙っていたのですか。」
「最初から狙っていました!あの先制点が効きましたね(笑)
壁とキーパーの間を狙っていました。
本当はもう少し高い位置の予定でしたが、早い時間帯で先制点を決めることが出来てよかったです。」

Q:「シュート数では湘南が神戸を上回っていましたが、神戸が勝てた要因は何だと思いますか。」
「ある意味、神戸らしいと言えば、神戸らしい試合でした。
神戸には体を張って守れる選手が多いので、攻められているように見えていて、実は神戸ペースだったりもします。
攻められていてもあまり悲観せずに(この攻撃に耐えてボールを取れば、カウンターで攻めていけるよ)という感じで、チーム内では悪い雰囲気にならずにゲームができたので、勝つことができたと思います。」

Q:「今年のチームスローガンは“頂点へ止まぬ攻撃”ですが、今シーズンのご自身の目標、抱負などを教えてください。」
「昨年より得点を取って、最低でもプレーオフに出場します!!」

Q:「次は古巣の浦安戦です!一言お願いします。」
「2連敗をしなかったので、まだまだチャンスはたくさんあると思います。連勝して上位に食い込んでいきたいです!
知り合いが多い浦安との対戦なので、負けたくないという気持ちもあります(笑)
一生懸命勝てるように頑張りますので、応援をよろしくお願いします!!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ヘリオ・オリンピア・キネシオロジーテープ | 株式会社 Helio Japan
  • 日本ツアーサービス