デウソン神戸からのお知らせ

デウソン神戸 Fリーグ 第12節(ペスカドーラ町田)の試合結果

2013年09月12日

2013年9月8日デウソン神戸は中断期間をはさみホームにペスカドーラ町田を迎えた。

依然けが人を多く抱えるデウソン神戸だが町田相手に負けられない一戦だ。
またこの試合は累積で出場停止になっている江藤選手を筆頭に小石峯選手、渡井選手、西谷選手らを欠いたメンバーでの戦いとなる。

先発メンバーはNo1冨金原、No11稲田、No16須藤、No19山蔦、No21相井で14時にキックオフ!
試合序盤は互いのチームが攻めきれないうえに、リズムも悪く決定機に決めきれない展開が続いてた。
そのまま前半15分が過ぎ16分27秒に右サイドからドリブル突破で突き進んできたデウソン神戸No11稲田選手がそのままシュートを放ちそのままゴールへ!



デウソン神戸が先制をした。
だがその直後のキックオフ直後の前半16分39秒町田No3森谷選手がミドルシュートを放ち、デウソン神戸の守護神No1冨金原選手も一歩も動けず同点弾を叩き込まれる。

デウソン神戸としては悔やんでも悔やみきれない非常にもったいないゴールを与えてしまう。
このような失点を減らさない限りリーグ後半戦浮上は難しい。



同点のまま前半が終了して、そのまま後半へ!
後半開始早々の23分にはデウソン神戸No19山蔦選手がラフプレーにより警告をもらう。
前半の序盤同様硬直状態の試合展開が続くが、後半38分過ぎにデウソン神戸小川監督がタイムアウトを使い、そのままパワープレーへ

パワープレもむなしく追加点を奪えないまま試合終了。
勝ち点を1取れたことは良い事だが時節の北海道セントラルに向けて課題も多く見つかった試合となった。
ポジティブに捕らえて鈴村選手の復帰戦までには怪我人も復帰できる事だと思うので、しっかりと修正をして9月22日の復帰戦を迎えたいものです。

第12節 試合結果の詳細へ

(写真&ライター:小中村 政一)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ヘリオ・オリンピア・キネシオロジーテープ | 株式会社 Helio Japan
  • 日本ツアーサービス