デウソン神戸からのお知らせ

デウソン神戸 Fリーグ 第4節(バルドラール浦安)の試合結果

2013年07月02日

2013年6月30日デウソン神戸はホーム開幕戦を迎えた。

戦う相手は昨年のワールドカップで日本代表を5人も率いるバルドラール浦安。
迎えるデウソン神戸は、現在日本代表に招集されている西谷選手、冨金原選手、そして先日怪我で戦線離脱をした山元選手を欠いたメンバーでの試合となった。



先発メンバーはNo7岡崎、No10渡井、No16須藤、No19山蔦、No20小石峯で14時にキックオフ!

前半はデウソン神戸が攻めるも、0-0のまま10分が過ぎ前半15分にはデウソンが5ファール溜まり、次のファールで相手の浦安に第2PKを与えてしまう状態となった。
そこからは、デウソンも強気に攻めることがなかなかできずにいた所前半残り3分をきったところで浦安のファールの誘いに引っかかり第2PKを与える事に。

キッカーは浦安No17日本代表でも活躍した稲葉選手。稲葉選手が蹴った球はゴールの左隅ぎりぎりに弾道を描くがこれをデウソンNo20小石峯がファインセーブ!
このまま前半が終了し、スコアレスドローのまま後半戦へ!

後半開始早々の23分、本日キャプテンマークをつけているデウソンNo19山蔦選手がイエローカードをもらう。

そのまま硬直状態の試合が続くが、後半34分浦安No11鳥丸選手が放ったシュートがデウソンゴールに突き刺さり先制点を奪われる。

その後すぐにデウソンはパワープレーに出えるが浦安の堅い守備に阻まれ、浦安のゴールを揺らすことなく0-1で惜敗した。
ホーム開幕戦で今季初勝利を目指したが、願いかなわず次節に持ち越しとなった。

(写真&ライター:小中村 政一)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ヘリオ・オリンピア・キネシオロジーテープ | 株式会社 Helio Japan
  • 日本ツアーサービス